スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
革包丁 オイル前の処理段階です。
こんばんは。
nijigamitool嫁です。


在庫切れが続いていた、nijigamitoolオリジナル革包丁。
お待たせしております。
最後の仕上げ段階に入っております。



最後は、私が、6日間、手間暇かけて仕上げていきます。
まずは、防水加工のためのガラス塗料を塗っていきます。

ガラス塗料を塗り、1日乾燥させ、
次の日に、もう一度ガラス塗料を塗り、1日乾燥させる。
その後、やっとオイルが塗れます。
これで完成です!!

今、ガラス塗料を塗って2日目。

明後日完成予定です。


革包丁ガラス塗料





スポンサーサイト
[2015/02/28 11:34] | 裁断道具 | page top
ラウンドファスナー 製作例 (カード入れ段差)
ラウンドファスナー木型の製作例をご紹介します。


ファスナーカード2

ファスナーカード1

上部に1mm貼り付けカード入れの段差に対応したものです。

色々と対応可能ですのでご相談下さい。



ファスナー木型 製作例
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html





虹紙製作所/nijigamitool facebookpage 


[2015/02/25 09:07] | ファスナー木型 | page top
ラウンドファスナー木型の耐久性、メリット、デメリットなど。
先日、今年最初のラウンドファスナー木型を納品させて頂いた、
新進工房さんへお邪魔してきました。

ファスナー型は早速活躍したようで、
50個程の製作に使って頂いたようです。


仙入ファスナー1

実際に作った現物があったので、見せて頂きました。
黒い方は型を使ったもの、
赤い方は支給されたサンプル品だそうで恐らく手貼りとのこと。
財布全体像は撮り忘れてしまいました。

黒い方、角のファスナーのへこみも見られず、
素早くきれいに張れたとのこと。



仙入ファスナー2

仙入ファスナー3

使った後の型も見せて頂いただきました。
画像では分かりにくいですが、
角の菊寄せ部分を押さえるために金槌で叩くので、
若干のへこみも見られました。

叩く力にもよると思いますが、
50の製作でこの程度なので、100ぐらいは大丈夫でしょう。
しかしながら、一度作ったら永久にというのは難しいでしょう。


ここで思いつく「ラウンドファスナー木型」を注文する
メリット、デメリットを上げてみます。

メリット
・正確 ボール紙などでの自作の場合はなかなか精度を出すのが難しい。
・丈夫 ボール紙で自作した場合は使っていくうちに痛んでくるのが早い。
・安い ある程度出番が見込める場合だと木型代もすぐにpayできる。


デメリット
・高い 木型の出番が少ない場合は木型代がpayできない。
・微調整が出来ない 注文した木型がちょっと大きい、もしくは小さい場合。
 不慣れな材料では修正が難しい。


結局のところ費用対効果については
製作の関わり方によってまるで変わって来るので何とも言えません。

ある程度の数をこなしてる場合、型を頼めば
自作している時間をその他の製作に充てることができます。


また、この手のファスナー型を使用したことがない場合、
寸法の出し方が難しいかもしれません。

その際は、一度自作されるのも良いかと思います。

仙入ファスナー4

画像中、右はボール紙で自作されたものです。

1ミリのボール紙で張り合わせる場合、真ん中に挟む6枚の上と両側を
2mm程カットして貼り合わせれば、6mmのムシが嵌る溝も作ることができます。
(ただし貼り合わせ総数が奇数だと少しズレる)

また、強度的に不安な場合
低粘度の瞬間接着剤を染み込ませることにより強度を上げることも可能です。

自作で事足りる場合はもちろん、
わざわざご注文いただく必要も無いでしょう。


自作する手間が惜しいと言う方はこちらを御覧下さい。


ファスナー木型 製作例
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html




虹紙製作所/nijigamitool facebookpage 











[2015/02/18 00:43] | ファスナー木型 | page top
先端工具いろいろ
先端工具いろいろ

先端工具にはどの樹種が向いているのか?
そんな疑問を確かめたいと思い、二十数種類の樹種で製作したものです。

最善のものを作りたいという思いから追究するのですが、
その反面、「細かいなあ」と自分でも思ったりします(笑)。

結果はどうだったかと言うと、どれも使えます。
そこそこ堅い木であれば
ちょっと使ってみた程度では分からないぐらいの差だと言うことです。

それよりも下処理の仕方や、使う革の種類、部位における違いの方が
よほど仕上りに影響すると思われます。


2年程前に製作したものですが、いま改めて見てみると
いろんな色や木目がとてもたのしい。

メンタル面で「上げて」くれる、
そういった効果の方がよほど大きいのかもしれません。





虹紙製作所/nijigamitool facebookページ 

[2015/02/17 14:34] | コバ磨き | page top
「再録」 レーシングポニーにスカートをはかせる
かなり以前に書いた記事なのですが、
また見ていただきたいと思い、再度取り上げさせていただきました。

ポニーで手縫いを行う際に気になるのが、糸の引っかかりです。
いろいろ聞いてみると、ノブなどに糸が引っかかることで集中力が途切れるのが
とてもストレスになるとのことでした。

確かに手縫いの際には、縫い目や糸の張り具合に全神経を集中させたいところ。
そこで糸がひっかかってると、当然イラっときますね。

nijigamitoolのポニーも4度の大きな改良を繰り返してますが、
最後の改良で、ゴムひもを使うことによりノブへの糸の引っかかりを軽減しました。

それはそれでよかったのですが、
どうしても気になるのが改良前のポニーを使っていただいてる方のこと。
なんとか後付けのもので、改良できる方法はないかとさんざん思案したあげくに思いついたのが、この方法です。




ポニーにスカートをはかせる。

ぽにーすかーと1


ぽにーすかーと2

ヒントは事務の人が袖につけるやつからです。

これなら突起部は、ほぼ完全にカバーでき、
ノブ操作時には捲り上げればok。

素材としても布なので、革を扱ってる方なら簡単に作ることができるでしょう。
僕はこういうのは苦手で、どういう大きさに布を裁断すれば良いのかなど、
さっぱりわからないので、嫁に作ってもらいました。
生地をシャカシャカのウインドブレーカーの様なもので作ると、
糸が滑って更によいかもしれません。

と言いますか、ゴムひもで改良したうちのポニーでも僅かな隙間に引っかかったりして、
完璧ではないので、気になる方は簡単に作れるこちらの方がよいかもしれません。

特にnijigamiのポニーでなくても使える方法だと思います。
糸の絡まり気になってる方。
ぜひお試し下さい。


※この記事をfacebookに紹介したところ
直ぐさま次のようなコメントをいただきました。

 「嫁のストッキング切って履かせてますw」

さらに簡単且つ効果的ないアイデア!





虹紙製作所/nijigamitool facebookページ 





















[2015/02/09 00:31] | 改良、改造、お手入れ方法ご紹介 | page top
2015.1/31、2/1 in東急ハンズ ワークショップが終了しました。
今回は、初めて『東急ハンズ 心斎橋店』さんで
ワークショップを開催させていただきました。


半年程前から、初心者の方に、レザークラフトの基礎を学んでいただくことを
目的として、様々な道具を使用し、本格的なレザークラフトを体験していただく
ワークショップを展開しています。


今回は、主人にもアシスタントとして2日間手伝っていただきました。


作業を必死にしていて、写真が撮れたり、撮れていなかったりしていますが、
楽しい2日間のご報告をさせていただきます。






初日は、ミンティアケースづくり。

縫い合わせる前に、縫い合わせてからでは作業しにくい
革の切り口(コバ)を磨いていただいています。
革の厚みによって溝が付いている「スリッカー」で磨いていただいた後、
効率的に作業ができる、「コバ磨き用先端工具」をハンドリューターに
付けて磨いていただきました。
手が疲れず、早くきれいに処理できるとビックリされていました。

ミンティアケース4




レーシングポニーを使用し、両手を使って縫っていきます。

ミンティアケース5



ミンティアを入れて、出来上がりです!!

ミンティアケース6

ミンティアケース7







2日目は、名刺/カードケースづくり。


出来上がりをイメージして、革を選んでいます。

名刺ケース12



初めて使うレーシングポニー。
どういう風に固定すると、縫いやすいかなと考えながら固定中。

名刺ケース11


糸の処理をしています。

名刺ケース13


刻印を打っていただいて、完成です。

名刺ケース14

名刺ケース15

名刺ケース16

名刺ケース17

名刺ケース18



今回は、たくさんの方に参加していただき、楽しい2日間を過ごせました。
本当にありがとうございました。




「レザークラフトを始めたい」、
「始めたばかり」、
「ものづくりが楽しくなって・・・」、
「本を見るより教えてもらった方が分かるわ」
など、たくさんのお声もいただけました。


毎回言えることですが、皆さまの一生懸命やっている姿や、
やっている最中、少しでも疑問が出ると質問して、こちらが答えると納得してくれるお顔、
出来上がって満足そうな笑顔は、いつも素晴しいです。
こちらが、たくさんのパワーをいただいています。






〜次回のワークショップのお知らせ〜

●2/22(日) 『DIY FACTORY OSAKA』さん
木製ボタンも自分でつくる コインケース、名刺/カードケース

 縞黒檀、ヴァイオレットウッド、メープル、ボコーテ、パロサント、イエローハート、
 カリンなど、珍しい木のボタンができますよ。

コインケース1

木製ボタンカードケース1



●3/21(土)22(日)   『東急ハンズ 心斎橋店』さん

 (只今、製作していただくものを検討中です。)

を予定しています。


お時間のある方は、是非ご参加下さい。

一緒に楽しいものづくりをしましょう!!







nijigamitool嫁でした。


[2015/02/02 11:40] | ワークショップ終了。 | page top
| ホーム |
電話連絡付きのサポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。