スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「再録」 レーシングポニーにスカートをはかせる
かなり以前に書いた記事なのですが、
また見ていただきたいと思い、再度取り上げさせていただきました。

ポニーで手縫いを行う際に気になるのが、糸の引っかかりです。
いろいろ聞いてみると、ノブなどに糸が引っかかることで集中力が途切れるのが
とてもストレスになるとのことでした。

確かに手縫いの際には、縫い目や糸の張り具合に全神経を集中させたいところ。
そこで糸がひっかかってると、当然イラっときますね。

nijigamitoolのポニーも4度の大きな改良を繰り返してますが、
最後の改良で、ゴムひもを使うことによりノブへの糸の引っかかりを軽減しました。

それはそれでよかったのですが、
どうしても気になるのが改良前のポニーを使っていただいてる方のこと。
なんとか後付けのもので、改良できる方法はないかとさんざん思案したあげくに思いついたのが、この方法です。




ポニーにスカートをはかせる。

ぽにーすかーと1


ぽにーすかーと2

ヒントは事務の人が袖につけるやつからです。

これなら突起部は、ほぼ完全にカバーでき、
ノブ操作時には捲り上げればok。

素材としても布なので、革を扱ってる方なら簡単に作ることができるでしょう。
僕はこういうのは苦手で、どういう大きさに布を裁断すれば良いのかなど、
さっぱりわからないので、嫁に作ってもらいました。
生地をシャカシャカのウインドブレーカーの様なもので作ると、
糸が滑って更によいかもしれません。

と言いますか、ゴムひもで改良したうちのポニーでも僅かな隙間に引っかかったりして、
完璧ではないので、気になる方は簡単に作れるこちらの方がよいかもしれません。

特にnijigamiのポニーでなくても使える方法だと思います。
糸の絡まり気になってる方。
ぜひお試し下さい。


※この記事をfacebookに紹介したところ
直ぐさま次のようなコメントをいただきました。

 「嫁のストッキング切って履かせてますw」

さらに簡単且つ効果的ないアイデア!





虹紙製作所/nijigamitool facebookページ 





















関連記事
スポンサーサイト
[2015/02/09 00:31] | 改良、改造、お手入れ方法ご紹介 | page top
| ホーム |
電話連絡付きのサポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。