スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
レーシングポニーの改良、改造(2)
ポニーにスカートをはかせる。

手縫いの際、製作物によってはかなり長い糸を針に通して縫い進めることになります。
この糸が、ノブ等の突起物に非常によく絡みリズムが乱れます。
作業効率をしっかりと追究されている方々に取っては、これが非常にストレスとなります。

先日より、このレーシングポニーの糸の絡みついて、
何とか解決出来ないかと対策を考えておりました。

結局のところベストは突起物が一切ないカタチではあるのですが、
ノブ等で締める構造の場合は仕方ないので、
そのあたりへ引っかかるのをどう防ぐか、いろいろ思案、試作するも
糸というのは結構な隙間にも侵入したり、ほんの僅かな突起にも引っかかるものでして、
これはもう、ポニーに「スカート」でも履かせるしかないなと、
半分冗談で考えていたんですが、
よくよく考えてみると、かなり理にかなっていたので、
早速嫁にスカート作ってもらいました。

そして履かせました。
スカート。

ぽにーすかーと1

糸絡み問題、ほぼ解決!

これは、とりあえずという感じでその辺にあった生地で作ってもらいましたが、
折り畳み傘の様なシャリシャリした生地で作るとツルっとしていて、
更に効果的だと思います。

ぽにーすかーと2

ノブ操作時にはサッと上げればOK!

レザークラフトをされる方にとって木工はかなり「ノリ」が違うもので、
道具も、技術も流用出来るものが少ないために、次いつ使うかも分からないような道具を
わざわざ買わないといけないようなことになりがちですが、
この方法だと生地の入手からして比較的すんなりと出来るのではないでしょうか。

我ながら簡単に出来て効果の大きいよいアイデアではないかと思います。

蝶ナットで締め付けるものや、ノブの位置が高いポニーでは
糸の絡みにもかなり悩まされると思います。
諦めておられる方も一度お試しあれ。






ブログランキングに参加しております。
↓もしよろしければ、クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:■■■レザークラフト■■■ - ジャンル:趣味・実用

[2012/05/21 01:06] | 改良、改造、お手入れ方法ご紹介 | page top
| ホーム |
電話連絡付きのサポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。