スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ファスナー木型 最近のちょっと攻めてる作例2つ
ラウンドファスナー木型、
最近製作したちょっと変わった作例を2つご紹介します。


ファスナー中抜き1

この形状にピンとくる方も多いのではないでしょうか?
中が抜けたこのカタチ、いろいろな方からご要望を頂いていたのですが、
どう考えても強度的に不安なところがあったので、逃げ腰でおりました。

しかしながらこの度、依頼主さんも共に挑戦して下さると言うことなので、
(もし、うまくいかなくても責めないと言って下さったので)
製作してみました。

見るからに細いですが、コの字の幅は10mmです。
使う材料も今回はブナ合板という、堅くて細く割っても
強度が期待できるものを使用しました。


ファスナー中抜き2

合板なので分かりにくいですが、あられ組で組んでいます。
とはいえ、角はrを取るため
接着面積はかなり小さくなり強度的に不安があったので、
真鍮パイプを2カ所貫通させました。

「パイプ」を選んだのに意味はありません。
丸棒だと思って使ったのがパイプだったんです。
(先端が潰れていて気付かなかった)

上の部分と両側面の部材には1mmの段差がありますが、
これはカード入れの分の段差です。


ファスナー中抜き3

で、
それでもまだ、強度的に不安定だったので、
結局補強を入れました。
仕切り部分はかわせるように設計しています。


実際に使っていただいた後、使用感をお伺いしましたが、
無事、上手くファスナーが張れたとのことでした。

しかしながらこのファスナー型ちょっとお高くなります。
10,000円程になります。

どうしても仕切りを最初からつけないといけない場合には、
こういう木型で貼ることも出来ると言うことが分かりました。

しかしながら後付けに設計することが可能で、
それで特に問題ないならその方がすんなりいくようです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2つ目

ファスナー磁石1

カタチはいつものファスナー型なのですが、
何か引っ付いています。

これはスチール製の「あめ入れ」
何とこの木型は中に磁石が仕込まれています。

なぜ磁石かというと、張り込むパーツをしっかりと木型に密着させるためなんです。
パーツを木型に巻いたあと、外からも磁石か鉄で押さえて密着させるアイデアです。


ファスナー磁石2

制作途中の写真を撮り忘れたのが悔やまれます。

ただでさえ磁力の強いネオジウム磁石の片面に鉄を貼付け、
磁力を片側に集中させ約2倍の磁力に増幅させた、
「キャップネオジウム磁石」というものが、四方に両面に
合計8個も埋められています。

2つでもらくらく引っ付きます。
(まあ、これは軽いんですが)



今回のうちでの製作はここまで。

外側からも磁石でとめるのか、鉄のフラットバー等で十分なのか。
この後は、実際に使う革の挟みながらお客様の方で磁力と相談していただきました。


ファスナー磁石3

もう1つの詰め込まれたアイデア。

普通のカード段差のようにみえますが、
下にももう1枚板が。


ファスナー磁石4

合わせると段差なし。
(のせただけなのでちょっと浮いてますが、両面テープで付ければ引っ付くでしょう)

カード段差あり、なしと
2つの用途で使用できるのです。

定番商品で、外寸が決まっている場合、
こういった2通り使える木型を持つのも良いかもしれません。

磁石も、段差解消もお客様のアイデアです。

こういう攻めてるアイデアを目の当たりにするとこちらもワクワクします。
うちを上手く利用していただいてます。

2つとも掲載許可いただいております。
ありがとうございました!





ファスナー木型 製作例
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html




関連記事
スポンサーサイト
[2015/07/07 00:19] | ファスナー木型 | page top
| ホーム |
電話連絡付きのサポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。