スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
レーシングポニーの改良、改造(3)
ポニーの針休め。

ポニーを使っての手縫いの最中、
どうしても一度挟み直さなければならないような場合、
出来るだけリズムを崩さず手縫いを再開したい。

そんなに頻繁に必要とはしないがあればそれなりに便利かなという程ですが。
糸の付いた針をそのままの状態で保持出来る
針休めの提案です。


一番スッキリするのは、ドリルで穴を開け、
それにぴったりの径の磁石を埋め込む方法ですが、
そういった機械を持っていないと中々難しいので、
比較的簡単な他の方法を考えると。。。

・皿ビス穴付き磁石
これならビスで簡単に取付が可能。
ただどうしても少しは出っ張ってしまうのと、ネオジウム磁石を使う場合、
かなり小さい物を使用しないと吸着力が強すぎ、
かえって作業の妨げになりそう。

・マグネットテープ
片面粘着のテープ状で取り付けは張るだけなので簡単。
テープ自体もかなり安価に手に入るが、
マグネットが少し弱めなのと、テープ厚は1.2ミリなのだが、
意外と糸が引っかかる。
テープの切り方を工夫してみると引っかかりも軽減されるかもしれません。

・フェルト、コルク等を貼る
両面テープ等で、フェルト、コルク等を貼りそこへ針を直接刺す。
これも引っかかりの問題からそれほど厚いものは貼れません。

hariyasume

マグネットシート貼ってみました。
あっけない程簡単。
吸着力は少し頼りない。

道具は購入した状態が完成ではなく
いろいろ個人の使い勝手に合わせ付けたり、足したりすると
よりよい製作となるのでは無いでしょうか。

道具製作している僕がいうと
手を加える必要のないものを作れと非難を浴びそうですが。。





ブログランキングに参加しております。
↓もしよろしければ、クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:■■■レザークラフト■■■ - ジャンル:趣味・実用

[2012/05/26 00:04] | 改良、改造、お手入れ方法ご紹介 | page top
| ホーム |
電話連絡付きのサポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。