スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
クラッチバッグ ファスナー型 (開いたまま)
かなり特殊なファスナー型の依頼がありました。

クラッチバッグのファスナー型。


クラッチ4

今まで製作したファスナー型は全て閉じた状態でつけるものでしたが、
今回は、開いた状態でファスナー付け、
更に外パーツまで開いたまま貼ってしまうための型です。



クラッチ6

内装にいろいろ引っ付いているため、
それらを解消するための複雑な段差がついています。

一番高いところを0として、-5.5mm、-3mm、-2.5mmと3段階。



クラッチ7

革が重なる部分も細かく削いでいます。
(クライアントの希望)



クラッチ8

ファスナーは開いた状態なので、
ムシは嵌る溝幅も開いた状態での幅です。

相変わらずコーナーは溝をついていません。

この辺りは必然的にファスナーが縦から平らな状態に
ねじれていくので、貼る際にもそれなりのコツが必要となりそうです。


クラッチ5

埋め込んである金物は、キャップ付きネオジウム磁石。
普通のネオジウム磁石に鉄のカバーを被せて、
磁力を強化したものです。

パーツがずれずにしっかり固定できるように仕込んでいます。
外から押さえる鉄もしくは磁石は
付き具合の様子を見ながらお客様に段取りしてもらうことにしました。






クラッチ1

更にこれは別の型となるのですが、
ファスナーをつけた内装と外パーツを張り合わせるための型。

内装と外はぐるりと2mmの外寸の差を付けてあります。
内側の方が大きくて、ミシンで縫う際に針が落ちにくいための
「逃げ」なのですが、
この2mmを四方均等に貼るのは、なかなか神経を使います。

それを簡単にと言うための型です。


クラッチ2

スライダーの持ち手を通す出っ張り部分も丸穴でかわしています。


クラッチ3

外パーツは現物をお借りできたのでその寸法ぴったりで
設定しているのですが、内装については、
内装のパーツの外寸+ファスナーのテープの厚み
ということになります。

寸法上は+2mmでパーツを切り出しているものの、
実際にはその通りになるかは分からないので、
+2mmの位置に取り付けてある内装用の「あたり」は
両面テープでつけていて、実際貼るときにお客さんの方で
微調整ができるようにしました。



この、開いたままつける方法ではいくつかデメリットも考えられます。

ファスナーを開いてつけるため、
長さの位置関係をしっかり意識して合わさないと行けません。
閉じた状態で貼るやり方の最大の恩恵を受けれないことになります。

あと、ファスナーがねじれるところも
うまくつじつまを合わせないと行けないので、
それなりに技術が必要かと思います。

今回は比較的大きなクラッチバッグと言うことで、
しかも、かなりの数を製作しないと行けないそうで、
極力ひっくり返したりする回数を少なく、
平らな面で作業を行うと言うことを最優先にということでした。


納品後しばらく経ってから聞いて見ると
なんとか無事使えたとのご報告を頂いたのですが、
ここ難しいんじゃないかと言うポイントを
実際にどう解決されたのかは、作業を見ていないので
想像では分からないところも多いですね。

ご自分でもいろいろ作られる方なので、
もしかすると、使用しながら何か付け足したりの「改造」も
あったのかもしれません。

現物のパーツの画像でも掲載できればもっと分かりやすいと思うのですが、
ブランドのものなのでNG。

こういったものも製作できると言うことで、
何かピンとくるものがありましたら、ご相談いただければと思います。





ファスナー木型 製作例
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト
[2016/01/08 02:58] | ファスナー木型 | page top
| ホーム |
電話連絡付きのサポート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。