FC2ブログ
クラッチバッグ ファスナー型 (開いたまま)
かなり特殊なファスナー型の依頼がありました。

クラッチバッグのファスナー型。


クラッチ4

今まで製作したファスナー型は全て閉じた状態でつけるものでしたが、
今回は、開いた状態でファスナー付け、
更に外パーツまで開いたまま貼ってしまうための型です。



クラッチ6

内装にいろいろ引っ付いているため、
それらを解消するための複雑な段差がついています。

一番高いところを0として、-5.5mm、-3mm、-2.5mmと3段階。



クラッチ7

革が重なる部分も細かく削いでいます。
(クライアントの希望)



クラッチ8

ファスナーは開いた状態なので、
ムシは嵌る溝幅も開いた状態での幅です。

相変わらずコーナーは溝をついていません。

この辺りは必然的にファスナーが縦から平らな状態に
ねじれていくので、貼る際にもそれなりのコツが必要となりそうです。


クラッチ5

埋め込んである金物は、キャップ付きネオジウム磁石。
普通のネオジウム磁石に鉄のカバーを被せて、
磁力を強化したものです。

パーツがずれずにしっかり固定できるように仕込んでいます。
外から押さえる鉄もしくは磁石は
付き具合の様子を見ながらお客様に段取りしてもらうことにしました。






クラッチ1

更にこれは別の型となるのですが、
ファスナーをつけた内装と外パーツを張り合わせるための型。

内装と外はぐるりと2mmの外寸の差を付けてあります。
内側の方が大きくて、ミシンで縫う際に針が落ちにくいための
「逃げ」なのですが、
この2mmを四方均等に貼るのは、なかなか神経を使います。

それを簡単にと言うための型です。


クラッチ2

スライダーの持ち手を通す出っ張り部分も丸穴でかわしています。


クラッチ3

外パーツは現物をお借りできたのでその寸法ぴったりで
設定しているのですが、内装については、
内装のパーツの外寸+ファスナーのテープの厚み
ということになります。

寸法上は+2mmでパーツを切り出しているものの、
実際にはその通りになるかは分からないので、
+2mmの位置に取り付けてある内装用の「あたり」は
両面テープでつけていて、実際貼るときにお客さんの方で
微調整ができるようにしました。



この、開いたままつける方法ではいくつかデメリットも考えられます。

ファスナーを開いてつけるため、
長さの位置関係をしっかり意識して合わさないと行けません。
閉じた状態で貼るやり方の最大の恩恵を受けれないことになります。

あと、ファスナーがねじれるところも
うまくつじつまを合わせないと行けないので、
それなりに技術が必要かと思います。

今回は比較的大きなクラッチバッグと言うことで、
しかも、かなりの数を製作しないと行けないそうで、
極力ひっくり返したりする回数を少なく、
平らな面で作業を行うと言うことを最優先にということでした。


納品後しばらく経ってから聞いて見ると
なんとか無事使えたとのご報告を頂いたのですが、
ここ難しいんじゃないかと言うポイントを
実際にどう解決されたのかは、作業を見ていないので
想像では分からないところも多いですね。

ご自分でもいろいろ作られる方なので、
もしかすると、使用しながら何か付け足したりの「改造」も
あったのかもしれません。

現物のパーツの画像でも掲載できればもっと分かりやすいと思うのですが、
ブランドのものなのでNG。

こういったものも製作できると言うことで、
何かピンとくるものがありましたら、ご相談いただければと思います。





ファスナー木型 製作例
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

 
 
 
 
[2016/01/08 02:58] | ファスナー木型 | page top
ファスナー木型 円、半円
ご注文いただくファスナー木型の8割は
普通のラウンンドファスナーやL型ファスナータイプなのですが、
たまにそうでないご注文をいただきます。

今回は円型、半円形のものを紹介します。

ファスナー型半円

半円型。




ファスナー型円型

円形。


ファスナー木型 製作例
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html





[2015/09/16 23:21] | ファスナー木型 | page top
鞄のファスナー木型
鞄ファスナー1

先日、かなり手のこんだ鞄のファスナー型を製作しました。
画像の手前のものですね。

サイズは長さ500mm幅350mmほどあります。
中央には軽量化を図るために、肉抜きがされています。

かなりの数を製作しないといけないそうで、
何度も裏返し、持ち上げるのにできるだけ腕に
負担が無いようにしたいとのことでした。



鞄ファスナー2

よく見ると厚さにテーパーが付いているのが分かります。
端から100mmのところから両側2mmずつ、
薄くなっています。
中央は厚み16mmですが、端は14mmなのです。

こうした方が、鞄のたった姿が美しくなるのだとか。

この加工は、なかなか手間がかかります。
上から仕上げの材料を貼る前に、鉋で削りテーパーを作ります。



鞄ファスナー3

角アールの部分。
角でファスナーが凹みがちになるために
最初から溝を埋めて出し気味にファスナーを取り付けるために、
部分的にムシが嵌る溝を埋めています。

指定していただいたところに、埋めたのですが、
このあたりは非常に微妙で、実際にやってみないところもあるので、
接着はせずに両面テープにて付けています。

お客様がご自身で付け足したり、取ったりと
微調整ができるようにしています。


これぐらいの木型になると製作にもとても手間がかかるので、
20,000円ほどいただいております。





ファスナー木型 製作例
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html




[2015/07/25 02:11] | ファスナー木型 | page top
ファスナー木型 製作例
ファスナー木型の製作例の中でもちょっと変わったものを
ここにまとめていくことにしました。

上にある作例のほうが最近製作したものです。



ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html


ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kata9.jpg
方面はキーケース金具の彫り込み。

kata11.jpg
そしてもう片面はカード入れの段差。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
kata7.jpg

両面に段差あり、
かつ仕切りが邪魔になるため中に突っ込める複雑なカタチ。


紹介記事
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
木型中抜き1

内装の中央の出っ張りをかわすために
両面に段差を付けています。


木型中抜き5

今回は淵の「残り」の幅がとても狭かったため、
強度を確保するために、少々手の込んだ作り方となりました。

紹介記事
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-219.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クラッチ4

クラッチバッグのファスナー型 

今まで製作したものは木型を挟み込んで、
パーツで包むようにしてファスナーを取り付けるものでいしたが、
これは、木型に上から乗せて使う特殊なタイプです。

紹介記事
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-191.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファスナー型半円

半円形。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファスナー型円型

円形。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファスナー中抜き3

どうしても中央の小銭入れ(仕切り)を先に付けないといけない設計のとき、
それをかわすために真ん中が抜けているタイプ。

加工が大変なので、ちょっと高くなります。

紹介記事
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファスナー磁石1

木型の中に磁石を仕込んだもの。
磁石を使って木型にパーツをしっかりと密着させるアイデア。

ファスナー磁石3

さらに、カード入れ段差あり、なしと
2パターンで使えるように段差を解消する板を付属。

ファスナー磁石4

紹介記事
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファスナー型1

薄型のL型。
裏返してはるのを想定しており、
スライダーの持ち手を付ける突起が嵌る穴を加工。

大きく逃がすカタチでも問題なさそうであるが、
この方がきっちりとセンターが決まるとのことでお客様が熱望。

胴のパーツはくるっと回すように巻くのではなく、
左右が別々になっている。
(木型と全く同じ大きさのパーツを両面から合わせる)
下に1mmほど飛び出しているのは「当たり」で
パーツを木型に合わせやすいようになっている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファスナー2

中央が凹んだカタチ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ファスナー穴開き

内部にポケットを先に付けないといけない場合に、
それをかわすための「掘り込み」を施したもの。

ファスナー型使用時2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html





[2015/07/08 00:06] | ファスナー木型 | page top
ファスナー木型 最近のちょっと攻めてる作例2つ
ラウンドファスナー木型、
最近製作したちょっと変わった作例を2つご紹介します。


ファスナー中抜き1

この形状にピンとくる方も多いのではないでしょうか?
中が抜けたこのカタチ、いろいろな方からご要望を頂いていたのですが、
どう考えても強度的に不安なところがあったので、逃げ腰でおりました。

しかしながらこの度、依頼主さんも共に挑戦して下さると言うことなので、
(もし、うまくいかなくても責めないと言って下さったので)
製作してみました。

見るからに細いですが、コの字の幅は10mmです。
使う材料も今回はブナ合板という、堅くて細く割っても
強度が期待できるものを使用しました。


ファスナー中抜き2

合板なので分かりにくいですが、あられ組で組んでいます。
とはいえ、角はrを取るため
接着面積はかなり小さくなり強度的に不安があったので、
真鍮パイプを2カ所貫通させました。

「パイプ」を選んだのに意味はありません。
丸棒だと思って使ったのがパイプだったんです。
(先端が潰れていて気付かなかった)

上の部分と両側面の部材には1mmの段差がありますが、
これはカード入れの分の段差です。


ファスナー中抜き3

で、
それでもまだ、強度的に不安定だったので、
結局補強を入れました。
仕切り部分はかわせるように設計しています。


実際に使っていただいた後、使用感をお伺いしましたが、
無事、上手くファスナーが張れたとのことでした。

しかしながらこのファスナー型ちょっとお高くなります。
10,000円程になります。

どうしても仕切りを最初からつけないといけない場合には、
こういう木型で貼ることも出来ると言うことが分かりました。

しかしながら後付けに設計することが可能で、
それで特に問題ないならその方がすんなりいくようです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2つ目

ファスナー磁石1

カタチはいつものファスナー型なのですが、
何か引っ付いています。

これはスチール製の「あめ入れ」
何とこの木型は中に磁石が仕込まれています。

なぜ磁石かというと、張り込むパーツをしっかりと木型に密着させるためなんです。
パーツを木型に巻いたあと、外からも磁石か鉄で押さえて密着させるアイデアです。


ファスナー磁石2

制作途中の写真を撮り忘れたのが悔やまれます。

ただでさえ磁力の強いネオジウム磁石の片面に鉄を貼付け、
磁力を片側に集中させ約2倍の磁力に増幅させた、
「キャップネオジウム磁石」というものが、四方に両面に
合計8個も埋められています。

2つでもらくらく引っ付きます。
(まあ、これは軽いんですが)



今回のうちでの製作はここまで。

外側からも磁石でとめるのか、鉄のフラットバー等で十分なのか。
この後は、実際に使う革の挟みながらお客様の方で磁力と相談していただきました。


ファスナー磁石3

もう1つの詰め込まれたアイデア。

普通のカード段差のようにみえますが、
下にももう1枚板が。


ファスナー磁石4

合わせると段差なし。
(のせただけなのでちょっと浮いてますが、両面テープで付ければ引っ付くでしょう)

カード段差あり、なしと
2つの用途で使用できるのです。

定番商品で、外寸が決まっている場合、
こういった2通り使える木型を持つのも良いかもしれません。

磁石も、段差解消もお客様のアイデアです。

こういう攻めてるアイデアを目の当たりにするとこちらもワクワクします。
うちを上手く利用していただいてます。

2つとも掲載許可いただいております。
ありがとうございました!





ファスナー木型 製作例
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

ラウンドファスナー木型の注文の際の寸法指定
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

ラウンドファスナー木型 利用者の声
http://nijigamitool.blog.fc2.com/blog-entry-153.html




[2015/07/07 00:19] | ファスナー木型 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
電話連絡付きのサポート